電気ショック イ ワ マ

バリウム飲む時の発泡剤で気持ち悪くなっちゃった者です。
大人は辛いわー。

電気ショックで凛として時雨のピエール中野さんに連絡がよく来たらしい。

ひと間違い…

おっちょこちょいな人って案外多いのね。

究極の穴動画/あべま

お隣で、H畑さんが
いすぎてきながら見ている動画はMr.ビーンですが
あべまにも、最近ハマっている動画があります。

動画に映っているもの。
それは誰もがたいてい2つは持っていて、

毎日触るのに、見たことがないもの。

私は、今までんー、まぁ、5人
いや6人くらいはナマで見たんだけど、
自分のはまだ・・・(照)

えぇ、そう、耳の穴。

耳掃除動画です。

もともと耳かきするのが大好きで、
耳かきも集めていたんです。

でも、大量の動画があるなんて!

最初は、日本の耳エステのを見てました。
まどろっこしいくらい優しくて、美しく、安全で、清潔な耳かきです。
でも今は、中国の耳鼻科?のやつに夢中です。

閲覧注意度MAX

人口が多くて、ちょっとお掃除さぼる方の母数が多いのか?
黄砂やらなんやらで、お耳環境が厳しいのか?
もう、それはすごくて。

数センチ急の「やつら」めがけ
先生は、患者の頬に叩きつけるかのように赤チンのようまものをぶちまけます。
地獄の海みたいになった耳に
細いバキュームを突っ込んでずぼーーー!!
そのあと、先の細いペンチで「やつら」を挟み
錆びた釘を抜くみたいに、ゆらゆらさせてから、ガゴッと引き抜く。

出てきた「やつら」は、ほぼ、生物です。

耳が痒い人はきっとすぐさま中国まで飛ぶでしょう。
私はやりたい側なので、
即、密林に行って、同じ器具を探してしまいます。

あっ。

・消費欲のなかったエンドユーザーまでもとらえて離さない
・クライアントが欲するままの宣伝効果

・押しつけがましくない

これって究極のCMなんですよね~。
しかも、この動画自体に収益が見込める。
というか自作。

まぁ、まったく興味のない人は辿りつかないし、
他人の汚物なんて見たくもない、って方もいますよね。
でも、イヤな人は見ないからこそ、遠慮なくいくらでも作れちゃう。
そしていくらでも見ちゃう。

だって、身近なのに珍しい動画なんだから。

あぁ、いいなぁ。耳の穴。

車の内部で、こういう動画つくってみたいな。
バシャっ、すぼぼ、グワシッ、ぴかーーん☆彡
みたいなやつ。

そんなこと思いながら、今日も息子らの耳かきをするあべまです。

最近習わしている娘のダンス! ナオキ

3月9日….サンキューの日ですね。

 

いつもグリットのブログを読んでいただき…サンキュー!!!

日々感謝感激雨あられです。

 

という事で、僕には5歳の娘がおりますが、最近ダンスを習わせています。

本人は楽しそうに取り組んでいて、お家でたまにダンスを披露してくれます。

 

同じ保育園に通っているお友達の同じチームで、発表会に向けて覚えたダンスがあり、お遊びなダンスなのかもしれませんが、本人たちはいたって真剣。

週一回という超スローペースの習い事ですが、ある程度は練習した甲斐があって、ダンスを覚えてきます。

 

そして本日、ついに発表会。

披露する場所がコチラ。

自分がなにより嬉しく感じたのは、5歳という幼い年で、こんな大きなホールに立って発表を経験させれるという事。

これをやっているのと、やっていないのでは、自信や肝の座り方も変わってくるのかなぁ〜って思う。

 

小さな頃からスポットライト浴びて何かをやるなんて、自分では考えられなかったから、とても嬉しい。

 

お金は多少かかるけど、得るものはもっと大きいよなぁ〜と。

 

肝心の発表会は、それはそれは娘のチームは可愛らしい感じでした(笑)

遠目からですがこんにゃ感じ。

よ!カッコいいよ!みんな!

 

自分なりに精一杯踊ってました。

 

そして、なにより大きな子たちのチームは腕前もスゴくて本格的。小中高生の女の子達が大半ですが、とにかく「かっちょえぇ〜〜〜っ」と感動しっぱなし。

うちの娘もやらせるなら本格的にダンスの道を極めさせいって親ながらに勝手に思ってます。

 

まずは本人が楽しんで取り組む所から。

そこが根底にあれば途中の辛さもきっと乗り越えられる。

 

頑張ってほしいもんですね。

 

 

ニャンの遊び いまい

だいぶ暖かくなりましたね。今年もやって来ました花粉の季節。私にとって快適な日々はまだまだ先です。

我が家のニャンズはというと暖かくなり絶好調です。朝はベランダで鳥を眺め、家の中で走り回り、疲れたら寝る!

 

真冬よりは寝る時間が短くなり、いたずらが増えました。

 

白黒のチビニャン。野菜の切りくずを流し台から盗み、かじったり、じゃれたり。

 

遊びながら、ドリブルして行く先は、クローゼットのドア。又はトイレのドア。
換気用の隙間へちょうど手が入るのです。

 

散々あそんで、ドア下へ

シューート!!

毎日いろんなものをシュート!

引っかいて破った壁紙

白菜の切れ端

中から見ているとこんな感じ、

突然ニョキニョキっと手が(笑)

 

初めは怒っていたけど、もう諦めました。
後からまた雑巾がけするよ。

 

暖かくて楽しいんだね、まあいっか。
いっぱい遊んでね(^^)

ミモザ あさい

ミモザの木が欲しくて買ったけど、

1本目はカイガラムシにやられ、

あっちゅう間に枯れてしまいました。

その後も花屋をのぞく度に苗木を探して

やっと見つけた2本目のミモザの木。

 

とうとう花が咲きました。

まだまだ木も小さいけれど

黄色いポンポンした小さな花が

かわいらしい。

 

花壇の他の花もだんだんと大きくなってきて

これから花壇いっぱいに咲くのが楽しみ。

 

花のある暮らしが好きです。

ボウと「ー」。むらわか


今日は、桃の節句、ですね。

じつは。
ウチの娘は、今日がたんじょうび。
娘がうまれたとき、
新生児室に並んで寝ていると、
病院にお見舞いにくる人、くる人に
「ひなまつり」にうまれた女の子じゃん。
しあわせねーー。
なーんて、よく言われました。
そんな娘も9さい。
ん?
んん?!
9さい…
こんなんで、ええんか????笑

改装中 サクマ

おはようございます

花粉症が例年よりも早く来て
4月までマスク生活かと思うと
ゲッソリなサクマです。

サクマ家ただいま改装中でございます。
長男に部屋を作ってあげるため、
ひとつなぎになっている寝室に壁を作ります。

部分的な壁なので、簡単な作業かと思いきや、2日がかりです。
熟練の大工さんが1人で、キッつい名古屋弁でのゴッつい独り言と、鼻歌まじりで、1日かけて壁を作ってくれました。ちょっと楽しかった(笑)

before

after

明日は、朝からクロスを貼ってもらう予定です。

楽しみ~。

ちゃちゃいのCHAI イ ワ マ

最近仕事や地域活動で心が荒み気味ということで、小さい箱を作り続けるという根暗なストレス発散をしている者です。
何か作るって、落ち着くわー。

最初見たときは、「なんだろう、この子らは?」と思っていたけれど、じわじわ気に入ったCHAI。

chayじゃなくてCHAI。

お嬢様じゃなくて双子の方。

可愛いよりネオカワイイ。

名古屋と岐阜出身の女子たちというのも興味湧いた理由の一つ。

去年秋にフェスでCHAI見ましたが、可愛かったなぁ〜。
曲に合わせて体を振りつつ歌うのが良いなぁと思っているのです。

なんで急にCHAI?となるかと思うのですが、最近録画されてた音楽番組に何度かCHAIを見かけたので、つい書いてみた次第です。

同じように若くして海外で活動している女の子が所属しているバンドsuper organismもゆるゆるしていて面白い。

この人達を知ったのは音楽番組ではなくて、その国で有名な日本人誰?って聞いてた番組(100均グッズ持って海外に行く番組かも)で知ったのです。

日本の中学合わないわ〜って海外行っちゃった女の子が、SNSを通じて多国籍なメンバーの一員になったんじゃなかったっけかな?

合わないからって、海外行こうっていう発想がまず凄いなと感心したのを覚えていますよ。

やー、スゲェ。。。

私も最近日本合わないかもと思うことが多くなってきたけれど、他の国は日本以上に合わない可能性が高いので、ひっそり根暗に生きていこうと思う今日この頃。。。

萌える扉/あべま。

にまで見たあべまのキャビネットの中、

見たいですか?
見たいんですね。

いいでしょう!


蓋型と、皿型の2段式。
下の引き出しを開けると、H畑さんの男前ゾーンになっていることろがまた萌えポイント。
同じ間取りのマンションなのに内装全然ちがう〜♡
てやつです。

あ、キャビネットネタを三連発もするのはこの世で私だけですねきっと。

そんな私はキャビネットのメーカー構造
にはあまり興味がありません。
パソコンにしてもソフト部分を使い倒すのは好き、ハード部分は知らない。

で、車で興味あるのは、かろうじてエンブレムと内装くらいでした。
ボンネット?
開けたことないですよ。
だって構造に興味ないから。
(開き直り)

しかし最近、車の内部構造にまつわる動画を製作していて
デジポット?
直噴?
インジェクター??

ちんぷんかんぷんお勉強の始まりです。

私が整備士の免許でも持っていたら、もっと素早く映像化に進めるんでしょうが…

自動車整備士になるためには、
1)整備工場の実務経験をつむ
2)国土交通省に認定された学校を卒業する
のどちらからしい…

キビシイ。
遠回りすぎる。

でも、あれ?
そういえば我が家には
たまたま
整備士が

住んでたんでした。

最近は新しい車載マイコンを夜な夜な自作しているようですよ…

「なんでプログラムを作るのにハンダゴテがいるのだ?」

というはおいておいて、いろいろ教えてもらおうかなぁ〜。

好きこそものの上手なれ、っていうけど
それの上行くのは
「仕事」こそものの上手
ハードが嫌いな私を押すのは
「仕事」ならものの上手

いつか、自分でカスタマイズしたキャビネットの引き出しを開けた時みたいな
萌え♡
ボンネットを開けた時に感じるようになったりして!

 

いや

 

ないな。

5年になりました おーわき

ナゴヤドームで見てきました。
同居女児(当時4歳)も初参戦。

アリーナの一番後ろのブロックでしたが、花道が伸びた先にあるサブステージがめちゃ近くて。
感涙が止まりませんでした、おーわきです。

4歳児(当時)も終始ノリノリ。
恋ダンスを後ろの席の人に褒められて、銀テープをもらってました。
(前日取り損ねた村若さんの分までバッチリ確保。)

私も当然踊り狂いました。

さて。

そんな初☆源さんの直後、5歳になった我が家の女児です。
産み落として5年というわけです。

めでたい。
よくも5年生かしたもんだ。

祝杯です。
一人でボトル1本です。

お前のお祝いちゃうっちゅーねん。
これから先も、生かさねば。